血圧測定におけるコロトコフ法の仕組みを知る

血圧を測定するとき、家庭用の医療機器である血圧測定器を使うでしょう。
どうやって測定しているのか疑問に感じるかもしれません。
病院などでは看護師などが聴診器を当てて測定する様子を見る時があります。
これらと何か違うがあるのか気になる人もあるでしょう。
血圧測定ではコロトコフ法が使われています。
血圧測定をするときは上腕部を圧迫します。
これによって動脈が閉塞されます。
その後に減圧していくと少しずつ動脈から血液が流れます。
その時に音が出てきたとき、その時の圧力が最高血圧です。
その後どんどん減圧して音が消えた時にそれが最低血圧になります。
看護師は聴診器で音を聞き、その時の圧力を記録します。
今の電子血圧計では、音を機械で検出するようにしています。
そのため、原理としては特に変わりません。
人が聴診器で聴いているのか、機械で聴いているかの差になります。
人の場合はあまり誤差はありませんが、機械の場合は故障などでうまく動作しないときもあります。
急に大きく変化した時は注意しないといけません。

大和市で急患対応の歯医者さん
急な歯の痛みに対応いたします

お子さんとお友だちになることから始める三軒茶屋の小児歯科
お子さんが通いやすい歯科医院を選びませんか?

下総中山 歯科
最善の治療をご提供いたします

最新投稿

  • 体に石ができた時にどんな治療をするか

    石といえば、通常は自然に落ちています。
    もし人の体の中に石ができると知ったら驚くかもしれません …

    続きを読む...

  • オンラインで受診予約ができる医療機関

    医療機関を受診する際に困ることがあります。
    それは待ち時間です。
    あまりにも待ち時間が長 …

    続きを読む...

  • 自分の病歴が分かるようにしておく

    自分がどんな病気に罹患をしたことがあるのか、ある程度把握をしておいたほうがよいでしょう。
    風邪 …

    続きを読む...

  • 内視鏡による手術はどんな手術になるか

    病気で手術が必要になるとき、通常は開腹など体の表面を切って内臓などの治療を行います。
    体の表面 …

    続きを読む...

お知らせ

一覧